« 対案はいらない | トップページ | 沖縄・教科書検定メモ »

2007年12月 6日 (木)

補強が必要

2007_12050006_2  駅前総合開発に乗ってツインタワー建設中。そのうち1棟の鉄筋の本数が足りないことがわかって工事ストップ(右側)。左側は続行しているから高さが違ってくる。

 清水建設、日建設計いずれもしにせの中のしにせ、今年ほど名門ブランドの権威が地に落ちた年は聞いたことがない。やはり、名門は名門らしくあってほしい。

 売り出し予定のマンション407戸のうち約1割が解約したという。これを多いと見るか少ないと見るか。完工時期が遅れた場合、市は損害賠償請求をするそうだ。

 そういえば、鉄筋不足で政治問題にもなった元祖・姉歯先生も、この市に事務所を構えていました。こんなことがなければ思い出さなかったのに……。

|

« 対案はいらない | トップページ | 沖縄・教科書検定メモ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ましまさん。
ここの工事の進捗を紹介しているHPがありまして、
http://www.city.ichikawa.chiba.jp/net/mati/minami/teitensyasin.htm
60年代に栄えたであろう、下町の駅前のショッピングセンターとかが、解体されていく絵、見てていて忍びないんですよ。
大坂でも、そうなりつつありますからね。
補強については、スーパーゼネコンですから、清水も竹中もやるでしょうね。アッチこちで
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/fb/putfeedback.jsp?_PARTS_ID=FB01&VIEW=Y&REF=/article/building/news/20071109/513184/
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/fb/putfeedback.jsp?_PARTS_ID=FB01&VIEW=Y&REF=/article/building/news/20071109/513256/
「突っ込み」入れられてて、頭痛そうですが・・。

投稿: 三介 | 2007年12月 6日 (木) 18時51分

三介 さま
 「佐藤と千代子の二人は省線市川駅の前通り、戦争中早く取り払いになっていた商店の跡の空地に、おでん屋の屋台を据えた」(永井荷風、「にぎりめし」より)。
 それが取り払われ、その次の商店街が取り払われ、今度は3度目です。
 東京では超高層ビルが海からの風をさえぎり、ヒートアイランド化が進んでいるとか。
 

投稿: ましま | 2007年12月 6日 (木) 21時28分

 この駅は通りますし、「駅前に立派なマンションが建つなぁ~」と車窓から眺めておりましたが、驚きましたネ☆ 
 構造なんてものは、完成した姿を外から見ても分かりませんから、特に名の知れた大企業であれば、ブランドにふさわしい《企業道徳》を求めたいものデス。

投稿: 棘入り《妄言録》!  | 2007年12月10日 (月) 01時03分

棘入り《妄言禄》 さま。ようこそ
写真の低い方(東京側)が45階、高い方が37階の予定。完全に差をつけられました。

投稿: ましま | 2007年12月10日 (月) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/9273971

この記事へのトラックバック一覧です: 補強が必要:

» ようやく『産業の総帥』=金融界の人も [いわいわブレーク]
[おまけ]追記 「ケンプラッツ 071126【改正建築基準法】 今後は構造的な問題影響を懸念 みずほ証券チーフ不動産アナリスト・石沢卓志氏」から引用します。 「最悪の場合、10兆円規模の影響が生じる恐れがある。国土交通省は施行規則の見直しなど対策を表明したが、効..... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 18時03分

« 対案はいらない | トップページ | 沖縄・教科書検定メモ »