« 「KY」 | トップページ | まさか? »

2007年12月18日 (火)

MD迎撃実験成功

 18日早朝、自衛隊が参加するハワイ沖のミサイル防衛システム(MD)実験に成功した。政府・防衛省は、自衛隊の不祥事やテロ新法の不人気から国民の目をそらすため、最大限これを利用するかも知れない。私ならそうする。これで、北朝鮮のミサイル攻撃を打ち落とせる見通しがついた、とか、今後も日米軍事同盟の強化が必要だという雰囲気作りに役に立つ。

 しかし、昨日エントリーした「KY」を参考にしていただきたい。世界の潮流(風向き)が読めていないのだ。その部分について、17日付毎日新聞を引用しておこう。

     給油活動中断日米関係がギクシャクする
    中、日本のMD推進については「強固な同
    盟を示すシンボル」(国防総省当局者)と
    「優等生」扱いされている。ブッシュ政権が
    日本の初実験を高く評価する背景には、
    MDをめぐる「内憂外患」がある。国防予算
    に厳しい目を向ける民主党は、MD予算に
    削減圧力をかけ続けている。(中略)共和
    党でもMD推進を明確な公約に掲げるのは
    ジュリアーニ前ニューヨーク市長ぐらいで、
    計画自体が先細りの可能性もある。

    米国は、イランに対抗するため、11年まで
    に東欧にMD配備を進める。しかし、米政
    府は今月3日、イランが03年秋に核兵器開
         発を停止したとの情報機関の評価を公表。
    これにより東欧配備に強く反発するロシアと
    の調整は一段と難しくなる可能性が高まっ
    ている。

 前から言われていることだが、ただブッ放せばいい攻撃方と、それをさぐって広大な宇宙で打ち落とすのでは費用がまるで違う。それにおとりの弾でも巻き散らしたら命中率はぐんと落ちる。打ち上げる場所と時間があらかじめわかっている実験成功など、喜んでいる場合ではない。

 防衛省は、当面の整備費用として12年度までに8000億から1兆円を見込んでいるが、それにもましてほとんど底なしの開発費用を負担させられる可能性がある。カナダはこの「あほらしい」共同開発からすでにおりた。

 相手を攻撃するのでなく、守るだけだからいいではないか、という考えもあるが、アメリカまで飛んでいくミサイルを日本が途中で打ち落とすとなると話が違ってくる。ロシアがシステムに反対しているのは、米露間でミサイルの本数を制限する協定を結んでも、途中で打ち落とすのなら協定の意味がなくなるではないか、ということである。

 つまり、日本としては、憲法違反の「集団的自衛権」を行使しない限り手出しできないことになる。仮にアメリカ向けの弾道ミサイルを日本が打ち落とすことになれば、その発射国は、むつ市、佐渡市、薩摩川内市、糸満市の4カ所にある探知・追尾地上レーダーを先に攻撃してから発射するだろう。

 実験成功を喜ぶ前に、軍縮の旗を掲げることがどうしてできないのだろう。MD計画推進が米国の軍需産業によるあくなき収奪に協力することになる、という反米・反軍の主張をどうして排除することができようか。

|

« 「KY」 | トップページ | まさか? »

反戦・軍縮」カテゴリの記事

コメント

 最近、こちらへのTBが通りません。
 このエントリー、誠におっしゃるとおりです。
 「当面の整備費だけで1兆円」です。石破は、「命にかかわる問題だから金額で云々するのは~」と言いましたが、ならば、国の責任が明白で、命にかかわる薬害肝炎問題での1800億円と言う金額も支払うべきです。
 政策に一貫性が無く、軍事と米国追従に偏重した、今の政府は早く政権から追うべきです。

投稿: 眠り猫 | 2007年12月18日 (火) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/9454671

この記事へのトラックバック一覧です: MD迎撃実験成功:

» COP13を終えて(上) [関係性]
      ―目前の世界的災害―  1992年の国連会議で、「気候変動枠組条約(地球温暖化防止条約)」の締約国会議が行われた。COP1の1995年から毎年開催され、COP3の1997年、すなわち京都会議で先進国に平均5.2%のCO2など温室効果ガス削減を義務づけた「京都議定書」が採択された。 この議定書から米国やオーストラリアは離脱している。  議定書は2012年までの削減措置しか規定しておらず、13年以降の削減措置「ポスト京都議定書」は何も決まっていない。議定書は先進国のみに排出削... [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 15時25分

» 「ミサイル防衛」の稽古,今日の一発で20億円が宇宙のゴミに [ペガサス・ブログ版]
佐世保散弾銃殺人事件については今後も引き続きフォローするつもりです.少なくとも,犯人とされている馬込容疑者から硝煙反応が出たと言うことが確認されるまでは. さて,今日は自衛隊がハワイで,アメリカからミサイル防衛の稽古をつけてもらったというニュースがありました.発射したあのたった一発だけで20億円.ちなみに,薬害肝炎の患者に「線引き」で幕引きしようという政府の「和解金」が30億円です. この一環としてのPAC3が九州では福岡県に三カ所配備されようとしています.これを阻止する市民運動が設立され... [続きを読む]

受信: 2007年12月19日 (水) 00時48分

» なぜ警察は馬込容疑者の硝煙反応検査について全く発表しないのか? [ペガサス・ブログ版]
探偵のまねごとをするつもりはないと言いながら,どうしても書かざるを得ません.事件があった地元の長崎新聞に問い合わせたところ,警察は馬込容疑者の硝煙反応検査についてこれまで全く発表していないとのことです.メディアは馬込容疑者を犯人と断定して扱っていますから,これは全く異常なことです. グーグルやヤフーで「馬込容疑者」and「硝煙反応」で検索すると非常にわずかな件数しかヒットしません.グーグルで6件,ヤフーで8件です.もし検索サイトがこれらのキーワードを「グーグル八分」にしているのでなければ,この... [続きを読む]

受信: 2007年12月19日 (水) 17時16分

» 自衛隊 イージス艦 「弾道ミサイル迎撃」に成功? [JUNSKYblog2007]
 突如撃ち放たれたライフルの弾を、こちらから拳銃で狙って当て、その弾を破壊しようと言う話である。  そんなものが当たる筈が無いではないか?    そういう際物(きわもの)の実験に米国以外では初めて日本の海上自衛隊のイージス艦「こんごう」が成功させたと言う。 到底信じられない。            米国でも百発百中どころか、数%しか当たらないのだと言う。 『成功』の理由は幾つか考えられる。 ? 『成功』したCGを合成して流しているだけ。   実際に当たっているかどうかは、当事者以外誰にも... [続きを読む]

受信: 2007年12月19日 (水) 20時15分

» 海上配備型ミサイル、初実験成功 宇宙空間で標的を迎撃 [政治]
未来の有るかも知れない命の危機より今既に有る命の危機を救うべきだと思います。 海上配備型ミサイル、初実験成功 宇宙空間で標的を迎撃(朝日新聞) - goo ニュース 2007年12月18日(火)10:50 ... [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 06時58分

» 日本初のミサイル実験、成功か?+薬害肝炎+年金問題の責任逃れ+黒田、Soccer、内藤 [日本がアブナイ!]
【年末も近づき、仕事その他アレコレで時間に追われる日々に&やや 風邪気味なこともあって、ブログの記事書き&編集&TB送信(+TB 先の記事を読むこと)などに、あまりまとまった時間をかけられない 状況になって来ました。(-"-)    でも、ブログでお伝えしたい&ワタシ的に書きたいと思う大事なこと がた~くさんあるので、書いたそばから、どんどんアップして行く方法を とりたいと思っています。<複数の記事をアップした日は、その旨を 記したいと思いますが、最新の記事一覧もチェックしてみて下さ... [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 11時20分

» 警察の監視下にあった教会敷地でなぜ容疑者は自殺できたのか [ペガサス・ブログ版]
引き続き佐世保の散弾銃殺人事件です.この事件に対するメディアの対応が全くバランスを欠き,重要な基本的事実についての検証に紙面や放送時間を取ることなく,いたずらに馬込犯人説を強化するような周辺的情報ばかりを流していることが分かります.少なくとも次のような基礎知識,基礎情報はきちんと報じるべきですし,警察が発表しないのなら警察を追及すべきです. 1)容疑者の硝煙反応の検査結果 2)同じく司法解剖の結果 3)事件前に現場近くに止まっているのを目撃された「黒のワゴン型の乗用車」と車内の四人とは? (容... [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 23時02分

« 「KY」 | トップページ | まさか? »