« 恒久法は危険だ | トップページ | 小沢代表が辞表 »

2007年11月 3日 (土)

福田流「新体制」?

 福田首相と小沢民主党代表の密室会談からでた「大連立構想」は、あっさり民主党幹部からけとばされた。両首脳の発言の中身とか真相は、いろいろな憶測はあるが当分は藪の中だろう。もっとも「政治は一寸先が闇」のたとえで、安倍首相の放り出し辞職ではないが、何が起こるかわからない。

 その中でちょっと気になったのが、福田首相が「連立」とはいわず、記者の前で盛んに「新体制」という言葉を連発したことである。「新体制」の語感は、われわれにとって太平洋戦争の前年、近衛文麿が言い出した挙国体制を想起させる。

 福田首相は、多分そんなことは意識していないだろう。「一寸先は闇」だから半分お遊びで近衛流「新体制」と比較をしてみよう。まず、首相就任のいきさつ。近衛は2.26事件の後、天皇から組閣の大命を受けていながら健康上の理由をあげてこれを固辞する。

 その2代あと、不人気であった林銑十郎首相は、誰も予想しなかった国会会期末日に国会を解散する。これを「食い逃げ解散」という。その理由はただ首相をやめたかっただけのようだ。こうして昭和12年6月に再び請われて首相に就任したのが近衛である。この点は似たところもある。

 「新体制」は、昭和15年第2次近衛内閣発足直前の記者会見で出た言葉である。軍部の専横はますます強まり、それに取り入ろうとする政党人や離合集散の絶えない政党の無力化、そういった機能喪失ぎみの政治を、挙国一致の「新体制」で乗り切ろうということだ。また、中国戦線の拡大硬直化をどう打開するかという問題もかかえていた。

 「新体制」には仕掛け人というかブレーンがいた。昭和研究会といい、後藤隆之助、蝋山政道、有馬頼寧をはじめ新聞記者、官僚やスパイ・ゾルゲ事件で有名な尾崎秀実までいた。それにくらべて、福田流が中曽根康弘、森喜朗、渡辺恒雄、中川秀直であったとすれば、生彩にかけることおびただしい。

 鳩山民主党幹事長が「これでは大政翼賛会になる」と力んでいたが、昭和15年10月に発足した同会には、当初、軍部・元老・政府の手に独占されていた基本的な国策決定の権利を国民の場にとりもどす、という考えも存在した。しかし福田流「新体制」にはその構えもない。

 すべての点で、福田流「新体制」は近衛流よりグレードが低い。「新体制」というほどの中身もなく政治の水準が当時より高いとはどうしても思えない。いずれにしろ、それから滔々として戦争に突っ込んでいった過去の歴史だけは、繰り返さないようにしてほしい。「新体制」には反対である。

|

« 恒久法は危険だ | トップページ | 小沢代表が辞表 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/8737785

この記事へのトラックバック一覧です: 福田流「新体制」?:

» 噴飯ものの「大連立」〜老害・ナベツネと中曽根を排除せよ [きまぐれな日々]
やはり福田康夫と小沢一郎の党首会談の狙いは「大連立」にあった。 マスコミ報道によると、2日の福田康夫首相と小沢一郎・民主党代表との会談で、福田首相が小沢代表に連立政権樹立に向けた協議を提案し、小沢代表は回答を留保し持ち帰っ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 14時54分

» 大連立騒動の考察 [喜八ログ]
昨夜(2007.11.02)の「大連立騒動」。 これで福田康夫内閣総理大臣は完全に手詰まりの状態に追い込まれたことでしょう。そして最も衝撃を受けているのが…「公明党」。そして他の「青褪めた人々」ですが… 「民主党凌雲会:前原誠司氏のグループ」。 ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 20時44分

» 保守大連立、民主党が拒否 これって福田の作戦?! [しっとう?岩田亜矢那]
まあ、そらそうやわな〜 でもこの打診を小沢がその場で即座に門前払いしないで 党内に持ち帰る 即ち、小沢自身は色気アリアリな事が露呈してしまった。 これは、民主党にとっては大きな痛手 「な〜んや、あんな偉そうな事を言ってても所詮同じ穴のムジナ」 と筆者が先程書いたような事を、国民の多くが感じたに違いない。 これは、そう遠くない解散総選挙の時 無党派層の深層心理に深く居座り その投票行動に大きく影響を与えそう。 そ、そうか!これが福田首相の作戦か?! 最初から、「民主党が乗ってくる訳ない」と知りな... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 23時00分

» 自民、民主の党首会談で大連立構想! [kaizinBlog]
福田首相が党首会談で連立参加を打診、民主は拒否決定 福田首相は2日午後、民主党の小沢代表と国会内で会談し、連立政権への参加を申し入れた。 小沢氏は「党内で協議する」として持ち帰ったが、民主党は同日夜の役員会で連立参加を拒否することを決めた。参院で与野党が逆転し、重要法案成立の見通しが立たない中、事態打開を狙った首相の提案が実らなかったことで、与党は引き続き難しい国会運営を迫られる。政府・与党は、インド洋における海上自衛隊の給油活動を継続する新テロ対策特別措置法案が、参院で否決された... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 00時23分

» 郵政民営化をしても国の債務超過は増大する [アッテンボローの雑記帳]
 2チャンネルを覗いていたら産経新聞の記事を引用してあった。以下の記事である。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 01時18分

» 目的は吸収か。~大連立案~ [For myself]
福田首相と民主党の小沢代表は2日午後、2度目の党首会談を行い、首相は連立政権樹立 [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 01時51分

» 福田・小沢会談から出た連立構想の謎(1)・・・ある種のデモンストレーションでは? [日本がアブナイ!]
最新記事の一覧は、コチラをクリック。 【ランキングが、かなり下がってしまったので(ノ_-。)、お手数ですけど、 できれば、ご支援のクリックをよろしくですぅ。m(__)m】  昨夜、TV等のニュースを見て、自民党と民主党の大連立の話が出た ことに、「はあ?(゚Д゚)」と思った人が多いのではないだろうか?  2日、福田首相と小沢民主党代表の2回目の党首会談が行なわれた。  会談は、まず午後3時から4時半に。そして2時間の中断をはさんで、 6時半~8時まで行なわれ、前半では... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 07時30分

» 大連立協議 マスコミ報道の不自然さが気になります。 [とくらBlog]
 テレビや新聞が、大連立の話でもちきりですが、考えすぎの私は、党首会談が行われたことも日米関係に結びつけて考えていました。  今回のテロ対策特措法の期限切れについては、国際状況を考えると、実は自民党も延長すべきではないと考えているのかな、と自民党の良心を信じたりしていた私は、テロ特措法、イランが「美しい誤解」をしていてくれるうちにで、「民主党が反対なので、テロ特措法は延長できない、ということに政府も確信犯で同調しようとしているのではないかと思った」と書いたのですが、アメリカの要求を拒絶するというの... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 08時45分

» 首相、小沢氏に連立打診・民主は拒否 [ZAWA talk]
福田康夫首相(自民党総裁)は2日、民主党の小沢一郎代表と2回目の党首会談を国会内で開き、連立政権への民主党の参加を打診した。小沢氏は「党内で協議する」と回答を保留したが、民主党は役員会で拒否する方針を確認した。インド洋での海上自衛隊の給油活動再開に向けた新..... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 14時03分

» Cheap viagra. [Cheap viagra.]
Cheap viagra. Buy viagra cheap. Viagra cialis levitra buy cheap cialis buy ciali. [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 16時37分

« 恒久法は危険だ | トップページ | 小沢代表が辞表 »