« 危ない原発と報道 | トップページ | 外交にメリハリを »

2007年9月29日 (土)

もうすこしの我慢!

2007_09300003_5

 

 寒い冬……ではなくて、酷熱の夏をよくのりきったね。もうすぐ北の国から仲間がやってくる。あとちょっとの我慢だよ。
 真ん中で泳いでいるのが渡り鳥のオナガガモ。怪我をしていたのか1羽だけ取り残され夏をここで過ごした。陸にいるのは、留鳥のカルガモ(9/27じゅんさい池)。

*******************************
アムネスティ・インターナショナル日本呼びかけ
僧侶・市民への暴力を止めろ!
ビルマ(ミャンマー) 10.2 緊急院内集会
*******************************

◇日時 10月2日(火) 12:30~13:30

◇場所 参議院議員会館第一会議室
最寄り駅:東京メトロ有楽町線・南北線永田町駅、
千代田線・丸の内線国会議事堂前駅

◇地図  
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm


◇発言(予定)
超党派国会議員、アムネスティ、市民団体、その他集会参加者から


◇主旨
去る8月以来、ビルマ(ミャンマー)において石油価格の高騰をきっかけに始まった抗議行動は、僧侶らも参加し、民主主義を求める反軍政デモとなって各地に拡大しました。


こうした状況のなかで、9月26日の午後、10万人以上になったデモに対して、軍事政権は催涙弾の発射や警棒での殴打、無差別逮捕などの弾圧を加え、少なくとも数人が死亡しました。そして27日にも、銃の発砲などデモへの弾圧を強め、その中で日本人ジャーナリストが死亡する事態となりました。


現在、僧侶、国民民主連盟(NLD)議員、そして一般市民ら数百人が逮捕されたと伝えられていますが、逮捕者に対する拷問や虐待の危険もきわめて高いと懸念されています。


市民らによる平和的な抗議行動に対する弾圧は許されず、国際社会は直ちに行動を起こさなくてはなりません。とりわけ、中国やASEAN諸国、そして日本など、ビルマに対する政治的影響力を持つ各国の断固とした対応が求められています。


私たちは、軍政の対応を非難し、抗議行動を続ける市民を守るために、また長年に及ぶビルマの人権問題を解決するために日本政府と国際社会が直ちに行動をとることを呼びかけます。


国会議員、そして市民の皆様、急な呼びかけではありますが、ぜひご参加ください。


【主催・お問い合わせ】
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2 共同(新錦町)ビル4F
TEL. 03-3518-6777  FAX. 03-3518-6778
担当:川上

|

« 危ない原発と報道 | トップページ | 外交にメリハリを »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/8157837

この記事へのトラックバック一覧です: もうすこしの我慢!:

» 【緊急】ビルマ犠牲者を追悼するキャンドル集会 −大使館前− [鳥居正宏のときどきLOGOS]
アムネスティ内部メーリングリストで回覧されている情報の転載です。転送・転載歓迎ということですので、当ブログにも掲載させていただきます。(なお、この集会の主催には、アムネスティは関与しておりません)。 この記... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 15時36分

» 『ダイヤに埋もれた夜』:軍事政権下の「天国と地獄」、日本政府との密接な関係 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.9.29.01.25ころ (2007.9.29.02.20ころ、この文 [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 23時41分

» 自分という国は、自分が主(あるじ) [虹色オリハルコン]
日本人カメラマンも含め、すでに死者も出してしまった、ビルマ(ミャンマー)のお坊さんたちと国の民主化を求める人々のデモ行進。 もともとの発端はガソリン等の石油の値段が通常の5倍に高騰したことから、人々の幸福を願うお坊さんたちが政府への抗議のために、はじめられたものでした。 先進国と呼ばれるいくつかの国が今のライフスタイルを永遠に続けようとする限り、このような世界的な原油価格の高騰が、ビルマ(ミャンマー)一国のみならず、さらに資源を奪い合う国と国との対立や富の格差を生んでしまう事は容易に想像できます。... [続きを読む]

受信: 2007年10月 2日 (火) 15時57分

» ビルマ支援関連サイト('07/10/05更新) [プレカリアートのなく頃に]
2007年9月末より、ビルマでは平和的な民衆デモを軍事政権が弾圧、多数の死傷者 [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 09時45分

« 危ない原発と報道 | トップページ | 外交にメリハリを »