« テロ特措法は爆弾 | トップページ | 危ない原発と報道 »

2007年9月27日 (木)

反戦老年委員会解散宣言

 やや過激なタイトルですが、本月末をもって「反戦老年委員会」のエントリーをやめ、10月1日からは新たなプロバイダーサービスで「反戦塾」と名付けたブログを開始したいと思っています。理由は、

 2005年4月10日に、中国の反日デモを題材にした記事がわが委員会による最初の記事で、以来、中国・朝鮮と日本がかかわる原始・古代から満州事変に至るまでの歴史の概観、戦中・戦後の体験記、現在の国内外の政治情勢などを中心に、これまで782本のエントリーを上げてきました。

 この間、小泉首相の靖国参拝強行、郵政解散による自民党圧勝、東京都知事選で石原慎太郎氏の当選など右傾化、ファッショ化の傾向が進行し、安倍氏に引き継がれてからも、教育基本法をはじめ戦前回帰を目指すような法案が続出して、ついには参院選の争点として軍隊を認める憲法改正まで持ち出すようになりました。

 しかし、参院選で安倍自民党が惨敗し、参院で与野党が逆転してから様子が変わってきました。政権にしがみついていた安倍首相は、想像されるどんなケースよりひどいみじめな形で政権を投げだしました。集団的自衛権に息を吹き込もうとした私的懇談会をはじめ、安倍カラーを支えるとりまき組織は空中分解、福田内閣成立によりもはや再起不能でしょう。

 「反戦老年委員会」という名は、やはり攻撃対象のある、キャンペーンであってしかるべきです。いつの時点かで終了しなければなりません。親中勢力が多くハト派といわれる福田氏の内閣が成立し、施政方針演説(中身は期待してませんが)が行われる日を機会に切り替え(バックナンバーのため10月中は利用可能)たいと思います。

 「反戦塾」は、新たなトレンドに沿ってより自由でひろがりのあるものにするつもりです。しかし、やってみなければわかりません。単に題名を変えただけになるかも知れません。いずれにしても、これまで続けてこられたのは、コメントやトラックバックを頂いた多くの方々のご支持のたまものです。ここに深くお礼申し上げます。

 というのは、安倍辞任と同じく表向きの理由で、最近TBがかけにくくなった(特にこのブログを育てていただいた有力ブログが多い「FC2」は完全不通)、スパムの急増で処理に手間取る、サービスが有料で、わずかな金額でも惜しい、など裏の真相もあるようです。(旧ブログより転載

|

« テロ特措法は爆弾 | トップページ | 危ない原発と報道 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
TB&お知らせ、どうもです。

こんなん↓、観ました?「飛松武士の日記」
http://himatsuno.seesaa.net/
っていうブログで、紹介されてました。

http://timesonline.typepad.com/times_tokyo_weblog/2007/09/yasuo-fukuda-li.html

Mr Fukuda (pictured left, in his earlier job as a ninja
前職は忍者とは・・。とらちゃんのところで、申とか言われているのは、聞いたことありましたけど・・。

どちらも曲者って言うことで、海外では誤解されているのでしょう。

ちなみに、時津風「邪」部屋の変死[殺人]
、6月の段階で、BBCニュースになってたんですね~。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/6264546.stm
北の倦み理事長も辛いところ・・。

ではまた~。

投稿: 三介 | 2007年9月27日 (木) 22時46分

三介 さま
いらっしやいませ。
「飛松武士の日記」見ました。昔、核の持ち込みについて日米間で「ムニャムニャ」というのがありましたが、油に色はついていない。「日本から注いでもらったのは、底の方にありその後別途補給した上の方をイラクで使っている」なんていう国会答弁があるかも知れませんね。

投稿: ましま | 2007年9月28日 (金) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/8127227

この記事へのトラックバック一覧です: 反戦老年委員会解散宣言:

» 鳩山法相 その地位には耐えられない軽さ [とむ丸の夢]
新内閣は支持率57%、安定感を評価、などと呑気な字面が紙面に踊りますが、はてさて、事務所費疑惑の伊吹文明幹事長以下、疑惑議員がずらりと顔を揃えていますね。 中でも鳩山邦夫法相はフィリピンでのチョウ違法採取でチョウ... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 14時52分

» 加藤紘一氏と「自民党政治のゆきづまり」 [花・髪切と思考の浮游空間]
加藤紘一氏が小泉政権から引き継いだ安倍政治の「改革」の評価にふれている。氏の評価は、端的にいえば標題に尽きている。『改革の影』を語る勇気を、というものだ。氏の考えに即していえば、安倍氏のすすめた「改革」に光と影があるのが前提になる。だが、光を明確には語っていない。安倍政権を継ぐ福田氏の課題として、こうのべられているのみである。福田さんは、改革を継続するのか、改革の光の部分はいいとして、どこに影があるのかということを明確に語らなければいけない。要は、語られてはいない。当ブログでは安倍政権の課題は、改革... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 17時27分

» 考‖倍首相辞任の意図。 [いわいわブレーク]
今頃・何やッてんねんと、思わんこともないけど、・・。 昨夜も、自民党総裁選が「TVジャック」してましたので、ほとんど観なかttんですけど、ちらと、小耳に入ってきた。 『インド洋。海自給油の量20万ガロンを4倍の80万に訂正・・』 デポピーす... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 22時16分

» 「陰謀論」と平和運動、レイシズム [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.9.27.20:30ころ 野暮用に追われまくって更新がすっかり滞り気味 [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 22時22分

» 平和省地球会議 と ミャンマー軍事政権 [わんばらんす]
人気blogランキング   平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。 1ページ目まで、あとちょっとです。 ご協力をお願いいたしま〜〜〜す!^^; ■平和省地球会議 と ミャンマー軍事政権 ... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 01時05分

» 福田内閣支持率50%超に見る日本人の知性の劣化 [きまぐれな日々]
あのどうしようもない安倍内閣が先月末に内閣改造を行った時、内閣の支持率が10%ほど上がった。その2週間後に崩壊した内閣の支持率が、である。 だから、福田内閣の支持率は50%くらいはいくだろうと思っていた。しかし、... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 12時19分

» どうなる?福田・ブッシュの関係 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
安倍さんの「職場放棄」から、あれよあれよの福田政権誕生。ふ〜む。わけがわからない分だけ、なんだか妙に感心しました。 いまのところ、私が一番興味があるのは、福田さんとジョージ・W・ブッシュがどんな関係を築くか。 ブッシュ共和党政権は、いまや一般のアメリカ市民の75%が忌み嫌い、あきれている、おそらくアメリカ史上最悪の政権のひとつと言えるでしょう。(辞任に追い込まれたニクソン大統領は、辞任しただけまともだった、という人も多い。)憲法の精神を無視した、やりたいほうだいの暴君ぶりは、そもそもアメリカを独... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 15時42分

» 最高裁刑事局総括参事官が自白報道による予断を懸念〜その前に懸念を表明するべきは… [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 マスコミ倫理懇談会全国協議会で、【平木正洋・最高裁刑事局総括参事官が裁判員制度に向け「事件の容疑者の自白や前科、生い立ちなどを伝える報道は、裁判員となる市民に予断や偏見を与える」として懸念を表明し、報道機関側での論議を求めた】ことが伝えられている(※1)。これに対し、【参加した編集責任者や記者らからは「事件報道は社会のリスク情報であり、指摘された七点はその重要な要素だ」などと反発する意見が相次いだ】という(※1)。  皆さんはこの議論を聞いてどう感じただろうか?  私は、議論が問題の本質をとら... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 10時06分

» ビルマ(ミャンマー)の情勢を悲しみをもって見ながら、軍隊と独裁政権は民衆を守らずに自己の暴虐を隠そうとするものだとあらためて確信する。 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中) 前回のエントリーに続いて、ビルマ(「ミャンマー」は軍事政権による呼び名)での、軍政による民衆への弾圧の件です。 まず、駐日ビルマ(ミャンマー)大使館に電話してファックス番号を尋ね... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 20時24分

» テロ特措法、イランが「美しい誤解」をしていてくれるうちに [とくらBlog]
 更新が滞っている間にいろんなことがおきていますが、ちょっとずつ気になっていることを書きます。 山口ブログに参加してみました。  反戦老年委員会さんが解散宣言されました。新たに反戦塾を開始されるそうなので、ほっとしましたが、23日のテロ特措法は爆弾の記事が気になっていました。  私は、23日に、テロ特措法について、国会で早く議論を始めてほしい。で、①政府が米艦船への海上自衛隊の給油量(03年2月25日分)を20万ガロンと国会で答弁していたが、実は約80万ガロンだった。(防衛省は入力ミスだったと... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 09時16分

« テロ特措法は爆弾 | トップページ | 危ない原発と報道 »