« 「戦争を止める国へ」 | トップページ | 世論と選挙 »

2007年7月 1日 (日)

理性と感情

[反戦老年委員会復刻版]

  対語とすれば「理性と感性」だろう。難解な哲学論争はにがてなので、テーマをあえて「理性と感情」にした。発端は久間防衛大臣の「原爆……しょうがない」発言である。最初に発言要旨が一番くわしく載っていたアサヒ・コムからその内容を引用する。

 日本が戦後、ドイツのように東西が壁で仕切られずに済んだのは、ソ連の侵略がなかったからだ。米国は戦争に勝つと分かっていた。ところが日本がなかなかしぶとい。しぶといとソ連も出てくる可能性がある。ソ連とベルリンを分けたみたいになりかねない、ということから、日本が負けると分かっているのに、あえて原爆を広島と長崎に落とした。8月9日に長崎に落とした。長崎に落とせば日本も降参するだろう、そうしたらソ連の参戦を止められるということだった。

  幸いに(戦争が)8月15日に終わったから、北海道は占領されずに済んだが、間違えば北海道までソ連に取られてしまう。その当時の日本は取られても何もする方法もないわけですから、私はその点は、原爆が落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったんだ、という頭の整理で今、しょうがないな、という風に思っている。

 米国を恨むつもりはないが、勝ち戦ということが分かっていながら、原爆まで使う必要があったのか、という思いは今でもしている。国際情勢とか戦後の占領状態などからいくと、そういうことも選択肢としてはありうるのかな。そういうことも我々は十分、頭に入れながら考えなくてはいけないと思った。

 この発言に対して、「日本の終戦決定がいたずらに引き延ばされたことへの反省」という同大臣の弁明を含め、私は時代認識のひとつとして成り立つ議論だと思う。もちろん、現職大臣の立場をふまえない、また直ちに誤解を受けかねない軽率発言であることは、いうまでもない。

 こういうと、このブログの多くの読者からお叱りを受け、従軍慰安婦の史的研究や評価について意見を書いた時のように、常連からはなれていく人がでることは覚悟している。しかし、ただ沈黙することが「反戦」にとって最善であるとは思えないし、自らを偽ることにもなる。

 今回の久間発言に対して、日頃政府寄りに見えたフジテレビのキャスターまで、感情あらわに久間バッシングにつとめるなど、メディアは非難一色に染め上げられているように見える。これと違う意見はこわくて言えない、こんな風潮に私はむしろ寒々としたものを感じる。

 久間発言への非難は「被爆者の感情を無視したもの」という点で一致している。そのとおりであって弁護の余地は全くない。「被爆」と「しょうがない」が短絡しかねない不用意発言をしたことは、すでに閣僚として失格であり即刻辞任にあたいする。

 しかし、慰安婦問題の米国会決議を逆手にとって、日本も原爆投下の責任追及をすべきだとか、ソ連(ロシア)への反感をあおるという(日本の戦争責任に蓋をしようとする)動きの方に、どうしてもある危険を感じてしまうのである。

 ブッシュ政権が、9.11事件に対するアメリカ国民のテロへの恐怖という「感情」をてことして、アフガン、イラク侵攻に踏み込んだ。その方向感覚を引きずったまま泥沼から抜け出せないでいのは、反論を封殺し「理性」を後回しにしてきたことに対する教訓だ。最近よくいわれる、刑事事件の加害者より被害者の「感情」を重視すべき、という意見にも似たような感じを持つことがある。

 あらゆる「理性」もその出発点は「感情」である。「戦争はいやだ」「戦争はきらいだ」というのも、勿論「感情」だ。だから「感情」は大事にしなければならない。しかし、それを二度と繰り返さないようにするのが人間の知恵であり「理性」である。

 政治家はもとより、識者、マスコミなどオピニオン・リーダーの役割は、「感情」を押し出し「愛国心」をはぐくむ前に、「知性」をみがき「知性」をはぐくむことであることを、忘れないでほしい。

2007年7月2日

時代の風

 体に風圧を感じるような風、荒れ狂う暴風もある。しかしそれはごく稀で、家の中にいれば庭の木の葉のゆれを見て、外に出れば肌に心地よく感ずる程度の風、時には風向きさえ気にならないというのが世間の風である。

 昨日のエントリーで、久間防衛大臣の「原爆……しょうがない」発言をとりあげ、世間を圧倒する非難の嵐に距離を置く投稿をした。さらに、従軍慰安婦についても、海外からの非難には慎重な検討と対応が必要という、過去の投稿に批判を受けたことも記した。

 その意見の違いがどこからくるのか、を考えてみた。どうも、その時代の空気や風をもとにした発想と、その後社会に確立した常識、倫理観が、かみ合っていないことに原因があるような気がした。

 しかし、その空気とか風の感じ方には個人差があるし、史料・証言にもなりえないとあれば、かえって記事に残しておきたいというような気持ちになった。以下は、いずれも体験でなく体感であることをおことわりしておく。

 まず「原爆……しょうがない」発言である。久間発言をたんねんに見ると、非常に苦心した慎重な言いまわし方をしている。それにもかかわらずポイントがどこにあるのか、真意を測りかねる発言が「しょうがない」である。

 そこで、「しょうがない」の前につく言葉として、1.「アメリカが投下を急いだのは」、2.「ソ連の北海道上陸が防げたのだから、原爆被害も」、3.「戦争終結をしぶる軍部を納得させるためは」、4.「戦争で市民が犠牲になるのは」、5.「すんでしまったことは」ぐらいが考えられるだろうか。

 1.と2.は、結果論で、近衛文麿元首相ならいざ知らず、当時の一般国民は「茫然自失」でそんなことを考えていない。むしろ3.と4.であろう。「ひでぇことをしやがった。許せない」という感覚があった一方、「戦争で市民に犠牲がでるのはお互いさま、ここで終わってよかった」という「しょうがない」感の方が強かったことは、否めない。

 敗色が濃くなり、戦局を一転させるため、殺人光線とか原爆とかが作れないものか、とある程度本気で願ったものである。その夢も、それこそ風まかせの風船爆弾に消え去ってしまったが、日本も原爆使用を望みながら使えずにすんだのである。原爆記念碑の「二度と過ちはくりかえしません」も「ああ許すまじ原爆を」の歌も、決して特定の国を念頭に置いたものでないことを、噛みしめるべきだ。

 次に、従軍慰安婦である。現在非難が集中しているのは、「性的奴隷」とか「人身売買」に政府や軍が関与した、と言うことである。両方とも相当刺激的な言葉だが、そのまま首肯することには問題がある。

 それは、公認売春制度に対する考え方である。売春が犯罪であり、それが女性差別虐待であるという現在の価値判断からすれば、非難は当然だし弁解すること自体が犯罪的である。女性尊重のアメリカ人がそう考えるのに無理はなかろう。

 しかし、戦時中日本政府や軍が「性的奴隷」や「人身売買」に組織的に荷担、それを促進していたかということになると、「それは違うな」という「風」を感じるのである。勿論戦時・戦場という環境の中で、超法規的な行為がなかったとはいいきれないが、復員者その他の話からは、それらを想像させるものがないのである。

 明治以来、近代化を急ぐ日本人は、公娼制度を好ましいものとしてきたわけではない。それだけに「性的奴隷」や「人身売買」にならないよう、さまざまな規制や関与を加えてきたのだ。<del>朝鮮出身者も当時は日本人であったから、当然共通の法のもとにあった。

(植民地に対する例外措置があったそうで、取り消します)

 GHQはさすがに終戦の翌々年、売春業の禁止を命令した。日本の法規で職業的な売春そのものを禁止する法ができて完全実施されたのは、それから11年も後の1958年になってからである。江戸時代以来の風俗・習慣を断ち切るのにこれだけの期間がかかったのである。

|

« 「戦争を止める国へ」 | トップページ | 世論と選挙 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/51451839

この記事へのトラックバック一覧です: 理性と感情:

« 「戦争を止める国へ」 | トップページ | 世論と選挙 »