« 「朝日」の自省 | トップページ | Tさんへの手紙 »

2005年10月 1日 (土)

靖国判決&「朝日」の自省

[反戦老年委員会復刻版]

: 今日の5大紙の社説は、靖国に関する大阪高裁の判決をそろって取り上げたが、あとの一本を、朝日新聞のNHK関連報道に関する報告会見としたのは、毎日新聞と産経新聞の2紙であった。私は二つの報道で、当事者である小泉首相と朝日新聞それぞれの見解に、なにかクモの巣に引っかかったような、気持ちの悪い釈然としない気分を味わった。

 双方に共通するのは、タテ糸である「傲慢さ」とヨコ糸に相当する「本質はずし」である。小泉首相の「どこが違憲なのか、私にはわかりませんねえ」という発言は、下世話な庶民の感想ならばいざ知らず、独立した司法の権威を見下す軽率かつ傲慢な問題発言である。

 マスコミであろうが政界であろうが、最年少の新人議員が「料亭に行ってみたい」といった率直発言を騒ぎ立てるのに、行政トップの首相公言を問題視しない方が「私にはわかりません」。国会などで質問があれば、「判決文全文を読んでいませんし、行政の責任者として司法の判断に感想をのべることはさしひかえさせていただきます」と答弁するのが良識だろう。新人教育より首相教育の方が先だ。首相の責務を忘れた憲法軽視がここにもある。

 公的とか私的とかは些細なことである。国民の半数が反対し、与党内にも多数の反対者をかかえ、高裁から2度にわたって違憲を指摘され、中国、韓国との友好の途を閉ざし、それでも頑固に私情を通すのか。それがことの本質である。

 朝日新聞の方だが、傲慢さについては以前にも記事にした。今回の報告や弁明を見ると、「足らざるところはあった。関係者の処分は行った。社内チェック体制を強化する(記者の萎縮が心配)」などで、報道については、満点ではないが60点はとっている、という態度が見える。解社的出直しどころか資料公開にも応じず、「これで文句あるか」という印象さえ受ける。

 この問題の発端は、従軍看護婦問題である。この問題について、かねて同紙に誇張した報道があったとか、韓国の反日感情に火をつけたとかという、いわゆる自虐史観のお先棒をかついだとする、右傾雑誌やネット右翼の総攻撃の的にされていたことが知られている。

 同紙の取材や報道姿勢に一切問題がなかったかどうか、そのような攻撃をまともに取り上げて検証する努力をしたのかどうか。私は朝日の購読者ではないので論評は控えるが、同紙の読者のためにも、報道機関として反対意見にも耳を貸し、まちがいがあれば訂正し、反論すべき素材があればこれ提供する、という基本動作をこれからでも推進してほしい。

 安倍、中川両氏は、アンチ「朝日」的な意見の持ち主だろう。しかし、詫びる点があれば詫び、両氏の忌憚ない意見を取材して記事にする。これが信頼されるあるべき報道機関の本質ではないか。

2005年10月4日

中国の脅威

仮想定例委員会
*平 中国の国家主席、胡錦濤は、9月3日の「抗日戦勝60周年記念」の演説で「日本が台湾を侵略占拠していた50年間、台湾同胞は絶えず反抗し、65万人が犠牲となった」といったそうだ。

*硬 へぇー、わり算すると毎年1万3000人づつ殺したことになるよ。

*平 例によって白髪3000丈さ。実際は全部で3万人に満たないようだ。(以上05/9/29「毎日新聞」夕刊、金子秀敏論説委員のコラムを参照)

*硬 いってすぐばれるようなうそをつくのは、どこかの国の世情と似てきたのかな。それにしても国家主席だぜ。最初、化外の民の地といってもてあました台湾を、日清戦争の賠償で投げだしたことも忘れている。

*乙 そこが国状の違いだね。過去の歴史を検証すること自体は、日本の方がはるかに進んでいる。さまざまな議論が活発におこなわれ、すくなくとも根拠のないことをいえばすぐにばれるからね。

*平 ただ、靖国公式参拝だとか南京事件は幻などと、相手の傷口に塩をなすりつけるようなことをいうから、もめて手がつけられなくなる。

*乙 中国は、台湾問題やよくいわれるような行政に対する不満鬱積などのアキレス腱をかかえている。これで逆に歴史が政治に利用されているようだ。これは北朝鮮がなくなった金日成を神のようにたたえるのと同じ現象だろう。しかし両国の違いは、中国はもはや世界で孤立できないところに来ている点だね。

*硬 そこなんだ、日本は先進国とのつきあいとか経済の面では先輩格ということを忘れてはいけない。大人の対応をすればいいのだ。同じレベルになって角をつきあわせることに熱心な連中は、そう考える自信のない「自虐史観」じゃないの、っていつかもいったよね。

*乙 でもまごまごできないよ。中国も必死だから。気がついたら中国の方が大人の立場にいた、などにならないよう、小泉さん頼みまっせ。

*平 中国問題はまた次でも取り上げよう。

2005年10月5日

中国の脅威 2

仮想定例委員会
*平 昨日は、中国とは大人のつきあいをすべきだ、というところまでの話だった。

*硬 しかし、胡錦濤の台湾で65万人の犠牲者という発言に誰か抗議したのかなあ。中国は日本の要人の発言を「妄言」といって非難するが、この非友好的発言は、そんなレベルじゃあないぜ。

*乙 抗議したという報道は、目につかないねえ。もっとも、正式外交ルートで持ち出すと売り言葉に買い言葉がはじまり、マスコミが火に油を注いでさわぎを拡大する結果になる。

*平 しかしいわれっぱなしというのは、両国にとってよくない。靖国問題もそうだが、相互で解決点をさぐるうまい手はないものかねえ。

*乙 戦前は、大陸浪人というのがいてねえ、まあブラックで詐欺師みたいなことをやっていたが、大物中の大物に右翼の頭山満(とうやまみつる)がいる。また、中国革命に身を投じた宮崎滔天や北一輝なども中国要人との人脈があった。戦時中も朝日新聞にいた緒方竹虎が極秘で中国との和平交渉にかかわったりしている。このブロクでも触れたことがあるが、中国人にも孫文や郭沫若など、日本に滞在したことのある知日派幹部がいた。そういった人脈がつながっていたのは周恩来首相の頃までなのかなあ。二重外交だとか、裏面工作だとか評判は悪いが外交にはそういった面も必要だと思うよ。

*平 鈴木宗男はそこをねらった(笑)。

*乙 さあ、それはどうかね。ただ保身第一の外交官まかせでは、これから先が不安だ。

*硬 胡主席の台湾犠牲者発言が本当なら、依然として不当な反日教育を続けているということになるが、日本人の中には、いわゆる庶民感情で在日中国人による犯罪が悪イメージにつながっている。

*平 福岡の一家殺害事件だとか、空き巣、カードなど日本になかった新手でやってくる。犯罪が起きると「中国人か?」だもんね。

*乙 こころなしか、最近はすこし減ってきたんじゃない?。統計上はわからないけど。そんなことも両国の官憲で話し合えば解決できないことではない。南シナ海のガス田問題も世界中よくある話なんだ。クエート・イラクみたいに失敗すると戦争になるが、話し合いで解決することの方が多い。そこらも、みんな両国のトッブ次第。結論はいつもこれだ(笑)。

2005年10月8日

中国の脅威 3

仮想定例委員会
*平 戦争への危機感といっても、戦後派にとってはタカ派であろうとハト派であろうと、本当は実感がわかない。タカ派にしても、憲法を改正して自前の軍隊を持ったところで、結局米軍の下請け仕事ができるように、という程度で、核を持ち中国を支配できるような陸上兵力を備えようというわけでもないだろう。

*乙 そう、自分が戦闘の第一線に立つことなど誰も想定していない。戦後日本が瞬間的だが危機感に立たされたのは、1950年の朝鮮戦争の時だ。北朝鮮はソウルを抜いて光州まで占領、釜山に迫った。この時は、北九州一帯に警戒警報が発令され戦後として最初で最後の灯火管制がおこなわれた。マッカーサーの指示で警察予備隊(自衛隊の前身)が創設され、若かったわれわれは徴兵制度反対の署名までしたものだよ。

*硬 最近の中国は、尖閣諸島の領土問題だとか潜水艦を増強して、太平洋遠くに出没したり日本の領海を無断で横切るなど、緊張を高めているが。

*平 やはり、台湾独立派への牽制が大きいと思うよ。それに台湾海峡に火がついても他国の軍事介入は容易じゃないよ、という警告かな。アメリカ向けのメッセージが主で、日本は直接の対象ではなくおまけといったところだろう。

*硬 アメリカが手出しするようなことがあれば、さっきの朝鮮戦争の時と同じだ。米軍基地がある沖縄は中国にとって敵地になるので、一気に緊張状態が高まる。警戒警報発令だ。そんなことを頭に置きながら、防衛協力のガイドラインだとか、在日米軍の再編問題をどうするなどとやっているのだろ。

*乙 まあ軍人というのは、いつでも仮想敵国を対象に図上作戦を立ててるものだがね。しかし、米中ともにもっと大きな世界戦略の中で相手を考えているはずだ。最近はアメリカの識者のあいだで、6カ国協議で見せた中国の我慢強さ、妥協点をさぐるねばり強さ、そして対立点を巧妙に後送りする欧米にはない外交手法が、驚嘆され高く評価されているという。

*平 ということは、アメリカのイラク侵攻などニセ情報ひとつで戦闘にはしったことへの反省もあるのかなあ。

*乙 こんなに長引いて死者が増え続けているようでは、そういうことになるかも知れないね。そこでこの次は、ナショナリズムの衝突についてメモを作っておきたいと思ってる。

2005年10月7日

ナショナリズム・メモ

 ナショナリズムのありようについては、既にいろいろな分野で学問的な検討がなされているのだと思う。しかしそういった専門知識がないため、思いついたままを記録しておき、後日ふり返って見ることにしたい。そのためのメモである。

 大国ナショナリズム=アメリカと中国がその典型である。大国の要件は、広大な国土面積と、多民族をかかえる人口の多さである。アメリカのナショナリズムは、星条旗で表現される「自由と民主主義」と「世界一」の自負心であり、これが国家統一の結節点である。ふだん過激な様相を現すことは少ないが、9.11とか真珠湾などには過敏に反応する。

 中国のナショナリズムは、さまざまな形を取るが、DNAには3000年の歴史と中華思想が根づいている。辛亥革命で意図したものが、毛沢東時代に国家単位で確立した。ナショナリズムが国家統一の柱になっていることは、アメリカと同じだが、反日活動など国のコントロールのもとで内政問題に利用されることが多い。

 小国ナショナリズム=北朝鮮がその典型。朝鮮はかつて事大主義といって大きいもの強いものに仕える、つまり中国の冊封(さくほう)を受けることで国の安全をはかってきた。独立の意義は、まさに「主体(チュチェ)主義」を貫徹することにあり、世界に例を見ない独善的な小国ナショナリズムを現出した。

 日本も明治時代から、西欧とは違うアイデンティティーを追い求める傾向があった。昭和初期から醸成されていった天皇制ファシズムは、まさに小国ナショナリズムに相当する。小国ナショナリズムは、多民族の統合といった内的要因を解消する効果を持たず、「国威発揚」といった外にはけ口を求めることが多い。

 大国ナショナリズムは、ブッシュのような例外はあるが、内外に影響するところが大きいので、慎重に扱われることが多い。小国であっても、コントロールのきかない独裁者がナショナリズムを振り回すようなことがあれば、相対的に危険性が増す。

 大国ナショナリズムは、必ずしも広大な国土と人口を持つ国特有のものではなく、大国にふさわしい文化的背景とか潜在的経済力、外交能力などのもとでも存在し得る。ひるがえって日本のナショナリズムはどっちを向いているのだろうか。残念ながら愛国心礼賛者には小国指向しかないように思う。国連で名誉ある地位を占めたいなら、世界に通用するグローバルなナショナリズムが必要になってくるだろう。

2005年10月22日

靖国問題の帰趨

 小泉首相が5度目の靖国参拝をした日、「軽薄・小泉」という記事をのせ、「改革ファシズムを止めるブローガー同盟」に参加することを表明したところ、これまでになく多数のコメントやTBが殺到した。お寄せいただいた諸兄姉にあらためてお礼したい。いただいたご意見や他のブログを逍遙してみると、当然ながら鮮明な「推進派」と「反対派」、それに条件付賛成派や日和見派などの「中間派」に分かれる。

 まず、推進派の論調から受ける印象であるが、小泉氏が当日「私的」を強調する姑息な行動をとった、とする批判が若干あるものの、小泉氏の真意に迫ろうとするものは、ほとんどないといっていい。この点立場は違うが、ゲンナさんによる「<平和を願う>小泉首相の意識と行動」がよくまとまっており、参考になる。

 また推進派の主張は、反中国主義と歴史修正主義の2点に絞られているのが特徴で、それに朝日新聞中傷とか反共意識が盛りつけられている。歴史修正主義にについては、それらの根拠となる資料の軽重を無視していたり、時期の混同などがあることなどを、本ブログでもたびたび取り上げてきた。

 反中国については、軍拡・核武装にまでエスカレートして言及するものがある。以上の2点は、最近の小泉首相発言で見られる「侵略戦争への反省」や歴史的存在である「東京裁判」の肯定、日中友好の促進などで、はしごがはずされた格好になっている。

 推進論は、(なにかテキストでもあるのではないかと思わせるほど)単純で論旨一貫している。これに反して反対派は、政教分離に反する違憲をとりあげるもの、経済・外交など国際環境から見た国益を論ずるもの、中国、韓国への悪影響を憂慮するもの、それに推進論に対する反論など、自分の頭で考えたと思われる記事が多いにもかかわらず、集中していないだけに力は弱い。中には「疲れた」という嘆きの表現さえ聞こえてくる。

 推進論が矛盾にさらされ、崩壊寸前にあるにもかかわらずこわいのが、「もののはずみ」である。小泉解散が成功したのも「もののはずみ」であり、ブッシュがあいまいな情報をもとに、イラクに出兵したのも「もののはずみ」にほかならない。

 靖国問題は、今後中・韓の自制の利いた対処と、首相の任期問題で小康を得るかも知れない。ただひとにぎりではあるが、推進論者と同じレベルにあり、これを利用しようとする国会議員が存在する。。ミリタリズムを指向する憲法改正が「もののはずみ」で実現したらたまらない。はずみをつけさせないようブログで頑張るしかない。

2005年10月25日

面子

 一昨日、「日本人の先祖」と題し、中国、韓国を蔑視する風潮を批判したが、両国の民族性を理解しようとする努力もあまりしてないのではないか、ということに気がついた。そこで今日は、中国の「面子」(めんつ、みぇんつ)について考えてみたい。

 このことばは、戦時を体験している人なら、シナ人固有の性癖として誰でも知っていた。現在でも日本語化して通用するが、一般用語の「体面」と区別されることはない。「中華思想」も、もっぱら独善的、排他的な側面だけで語られるが、3千年の歴史の中で平和維持にどういう効果があったか、という観点にも目を向けるべきだろう。

 中国史や中国文化を研究する人は、この「面子」という民族特有の精神構造に深い関心を寄せる。たとえば、貝塚茂樹氏の『中国の歴史』(岩波新書)では、第一章に大きなスペースを割き、中華思想と面子について次のように述べている。

 孤立になれた中国民族は国際社会のなかでも孤立をそれほど気にしないどころか、ゆるがない文化の優越性の自信をもとにして、いつも外向的に自己を主張しつづけてきたのでもあった。これは孤立のもたらした積極的な作用といえるであろう。

 中国民族の国家的な自尊心の強さは、個人にもよく現れるが、さらに社会的には互いに相手の「面子」(顔)を立てる風習とつながっている。「顔を立てる」「仁義をきる」ことは、博徒のみならず、軽い意味で日本の社会の至ところで行われている習慣である。欧米人の目から見るとこの面子の押し売りは、全く了解できない、不合理な社会悪とうつるらしい。

 この記述は40年もまえのことで、いまでは「日本にもある習慣」とはいえなくなった。小泉さんは今度の選挙でこの「習慣」をすっかり「改革」してしまった。その名残は今や「寅さん」映画でしか味わえない。中国では、自分の面子を立てるためならウソをついてもいい、またそのウソを知っている相手は、面子をつぶさないために知らないふりをする、とまでいわれる。

 靖国問題で中国は、「侵略行為をしたのは日本の指導者で、兵士・国民は同じ戦争被害者だ」と、相手の面子を立てた。にもかかわらず首相がA級戦犯を祭る靖国神社に参拝し、中国の面子を完全につぶしてしまった。と感じるのである。

 ひとつ要求に応じると次から次と要求をエスカレートし際限がない、という中国非難の主張があるが、どっか別の国と混同している。もっとしっかり相手を見定めなれればならない。

 知彼知己者 百戦不殆(彼を知りて己を知れば百戦してあやうからず。孫子

|

« 「朝日」の自省 | トップページ | Tさんへの手紙 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/50359170

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国判決&「朝日」の自省:

» 【論説】「中国、韓国以外の東アジアは日本に反発していない。『アジアで孤立』という言葉に注意すべき」 [韓国ファンのための2ちゃんねるまとめ]
安倍晋三首相が7月27日、3度目の東南アジア訪問を終えて帰国した。この歴訪でまた印象づけられたのは、わが日本がアジアの大部分の地域で圧倒的多数の諸国から親近感を抱かれ、頼りにされているという現実だ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月31日 (水) 14時02分

« 「朝日」の自省 | トップページ | Tさんへの手紙 »