2018年12月12日 (水)

立民に必要な理念

今週日曜日のNHK世論調査によれば内閣支持率が先月より5ポイントさがり41%、不支持率はほぼ横ばいの1%増・38%だった。関心を持ったのは変化というほどではないが、調査によってはかつて2桁台だった立憲民主党の支持率が減り続けていたのを、1.4ポイント回復して7.6%としたことである。

もちろん、これは政権をとれる数字ではない。他の政策項目のアンケートを見ても内閣や自民党の政策が支持されているとはいえない。どうして野党第一党に1桁の支持しかないのか。

それは党の「理念」が見えないからである。自民党の理念は「保守」である。これに疑いを持つ人はいない。その極点の存在が安倍首相である。党名の「立憲民主」はりっぼな理念と言えなくもない。

しかし、枝野代表が言うように「リベラルだが保守」では何を言っているのかわからない。公明党も共産党もそれぞれ立党の理念がある。最初の民主党・鳩山首相の普天間基地移転で「すくなくとも県外」は理念であったが押しつぶされた。

菅・元首相の原発ゼロも支持団体連合を前に影が薄くなる。枝野代表の「純血主義」は貫くべくである。そのためには、憲法や外交・内政にわかりやすい政策を掲げ、理念を明確にさせなくてはならない。

政権を担当した時と矛盾した理念であっても、政党が変わったのだから当然だ、という開きなおりも必要だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

免許更新に酒帯で

警察署に免許更新手続きにきた男に酒のにおいがするのに気が付いた女性署員が別の署員にこっそり通報、帰りの車に乗り込んで出発したのを見てパトカーで約1キロ追跡し、職務質問の上逮捕した。勝浦での話である。

毎日新聞千葉県面(12/11)の記事だが、女性署員から「帰りに車を運転しないでくださいね」と厳しい顔で言われるのとっちが効果的だったか。公務員試験の問題に出たらどっちに〇がつくのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

明治の元勲

明治150年はあと残すところわずか。元勲とされる人のうち今年活躍したのはテレビドラマの「西郷どん」程度というのはちょっとさびしい。

◆京都出身[公卿]
  岩倉具視
  三条実美
  西園寺公望

◆薩摩(鹿児島)出身[武士]
西郷隆盛
大久保利通
小松清廉
松方正義
黒田清隆
大山巌
西郷従道
島津久光
島津忠義[大名]

◆長州(山口)出身[武士]
大村益次郎
木戸孝允
前原一誠
広沢真臣
井上馨
山縣有朋
伊藤博文
山田顕義
桂太郎
毛利元徳[大名]

◆土佐(高知)出身[武士]
佐々木高行
福岡孝弟
板垣退助
後藤象二郎
田中光顕

◆肥前(佐賀・長崎)出身[武士]
副島種臣
大木喬任
江藤新平
大隈重信

 ◆肥後(熊本)出身[武士]
横井小楠

◆紀州(和歌山)出身[武士]
 陸奥宗光

◆幕府出身[武士]
 勝海舟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

ヒトラー政権の出現

「どうせ短期の政権」との推測から、右翼勢力と保守支配層が結集、連盟して成立したナチ政権(一九三三年一月三十日)は、宰相ヒトラーの巧みに術策により長期独裁を実現した。(中略)ナチ党幹部の大多数が三十台で占められていたということはまさに驚きという他はない。もちろん五十台、六十台の幹部もわずかにいたが、三十台と四十台が三分の二以上を占めていたのである。

しかもこれらの党幹部のほとんどがナチスの抬頭と同じように、急速に、政治の実権を握った人たち、つまり政治家としてはその大方が素人だったという事実に注目する必要がある。

以上は、大澤武男『ヒトラーとユダヤ人』の記述にあるが、政治家の年代は今から85年も前、平均寿命の伸びから見て10数年の差を考えてもよい。ヨーロッパの混乱、トランプの不見識、そしとて日本の政治の現状と照らし合わせると、同じとは言わないものの、政治の貧困に背筋の寒い思いがしないでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

割り切れないニュース

ニュースの量からすると、事件発覚以来途切れることなく続ているのが貴ノ岩をめぐる暴力事件とサウジのジャーナリスト・カショジ氏暗殺事件である。

その量や頻度の割にはもうひとつ、その真相なり真実に迫る要の部分について証拠や材料がないせいか、表に出てこない歯がゆさがを感じる。

相撲の方は「スポーツ界の暴力体質」の一元化で片付けようとする傾向がある。貴乃花部屋ができたばかりの頃、弟子が稽古する土俵のまわりを竹刀を持って回る貴乃花の姿を映像で見た覚えがある。

貴ノ岩は自分が受けた暴行は当初隠していたし、今回の付け人への暴行にも抵抗がなかった。相撲取りの間では上位の者の暴力は「愛のむち」という常識に揺るぎはなかったのだ。

それでは、日馬富士を引退に持ち込み貴乃花がどうして警察沙汰にしたり訴訟に持ち込もうとしたか、けがの深さはあっただろうが、けがを受けたのがモンゴル人力士の懇親会で、貴乃花に内緒の出席だったということに関係がありそうだ。

愛のむちは、同部屋の中で振るわれるもので、その権限を侵した日馬富士は絶対許せないということだろう。しかしそういった矛盾は、協会内部でしか解決できない。それが貴乃花部屋消滅に至った原因だと思う。

もう一つ、サウジの暗殺事件だが、本塾は最初に「皇太子の指示か」と書いた。マスコミでもなく、何一つ証拠がないが長年同国を観察しているものとして直感した。それが、疑惑がますます深まる中で、アメリカのトランプもロシアのプーチンも何事もなかったような付き合いを続ける。

まさか、この程度のことは両国でもやりかねない――だからではないだろうね。実行者の何人かを死刑に処すということにしているようだが、その中に指示者がいたことになるだろう。

無実の理由で殺されることになる犯人は処刑を前に叫ぶ。

「アッラーフ アクバル」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

パリの騒動

明日12月8日は、日本では太平洋戦争突入の日である。日本が犯した歴史上最大の「失敗の日である」。もっともそれを否定する偏屈坊やも増えているが。

遠く離れたフランスでは8日、エマニュエル・マクロン大統領に対する先月17日以来の抗議運動がさらに輪をかけるような形で予定されている。

パリのエッフェル塔はこの日閉鎖され、警察も市内シャンゼリゼ通りにある店舗やレストランに店を閉めるよう呼び掛けている。美術館十数軒も同様だ。

国の200近くの高校では、さまざまな教育改革に対し生徒が学校を封鎖するなどの抗議運動も発生している。

以上AFPの伝えるところだが、渋谷でハロウィンでバカ騒ぎをする若者を取り締まるのとは次元が違う。「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」運動と呼ばれる抗議デモは燃料税の引き上げに反対し始まったが、その後マクロン氏の企業寄りの政策や政権運営に対する反政府抗議運動に発展した。極右・極左両方の抗議者がたきつけているものだ。

もちろん戒厳令その他当局は、さまざまな実力でこれを阻止しようと懸命だが、政府は2019年中の燃料税引き上げを全て断念すると表明せざるを得なかった。

花の都パリで今何が起きようとしているのか。現地の雰囲気を知らないので何とも言えないが、フランス革命やギロチンなどの過激な歴史を思い出してしまう。

そんな事態でないと信じたいのだが――。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

影響力ある女性

 【ニューヨーク時事】米経済誌フォーブスが4日発表した2018年版の「世界で最も影響力のある女性100人」ランキングで、ドイツのメルケル首相が8年連続で首位となった。2位も昨年に続き英国のメイ首相。3位には前年8位のラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事が入った。

 最年長は92歳のエリザベス英女王(23位)、最年少は28歳の米歌手テイラー・スウィフトさん(68位)。一昨年の2位から昨年65位に後退したヒラリー・クリントン元米国務長官は、04年の調査開始以来初めてランク外となった。アジア太平洋地域からは22人が選ばれたが、日本人は昨年と同じくゼロだった。

 何とも残念な結果ですね。日本人ゼロとは。無理やり考えてみたけど小池百合子都知事、安倍昭惠首相夫人、いずれも今年の人ではない。しかもどちらかというとマイナスイメージで終わった。

 メルケルさんは本塾でも何度か取り上げた。引退を表明されていてもなおトップ。ジャンヌダルク以来と言えば大げさだが、見渡しても世界にろくな男性指導者がいないので来年も頑張ってほしい。

 日本も「世界で――」は無理でも、政治でキラ星のような存在感のある女性の出現を期待する。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

雑な師走国会

12月の国会はいつも忙しい。しかし、最近のこれは何だ。そんな法案どうして急ぐの、「そだねー」といえるものはひとつもない。しかも資料の数字はでまかせで野党の指摘に答えられない。

「今国会中に」といって暴走採決。与党内からも批判がでている。

たとえば、水道民営化や、妊婦診察料加算制度なんかだ。後者は体験することがないからおくが、水道などそれを望んでいる県は宮城県1県だけだという。

水道は、検針の人から「今月は多く出てますね。水漏れがないか後で調べましょう」と言われた。民営化されたら上から「売り上げを減らすようなサービスはするな」などと言われかねない。

原発事故の際、許容値内だったが水道水に放射能が検測されたことがあった。数値をごまかすようにことはしないか。営利産業と公共事業にはそれぞれ得失がある。その議論抜きで法案成立をいそぐ――裏には、という悪い癖をつけさせたのは誰でしょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

沖縄人の心に土砂投入

 今朝の朝日新聞の書き出し部分

 安倍首相が繰り返し口にしてきた「沖縄の皆さんの心に寄り添う」とは、つまりはこういうことだったのか。

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設をめぐり、岩屋毅防衛相は名護市辺野古の沿岸部に基地を造るため、今月14日から土砂の投入を始めると述べた。

 9月の知事選で県民は「辺野古ノー」の意思をはっきり示した。にもかかわらず工事を進める政府をただすため、県が国地方係争処理委員会に審査を申し出た矢先の表明である。

 土砂は、同じ名護市内だが東シナ海側にあるセメント会社の岸壁で積み込み、島の北端を大きく回って辺野古の海に投入される。

 それが、海ではなく「うちんちゅう」の「こころ」の中に投げ込まれることになることを、政府はどれほど気づいているだろうか。

 明治150年に当たり、幕末以来取ってきた薩摩藩の行動や西郷隆盛の征韓論などをしっかり復習し、さらに先の大戦に払った犠牲にまで思いをいたせば、とてもできることではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

新聞のスポーツ依存症

 福岡国際マラソンで初出場の服部勇馬(25)選手が有力と思われたアフリカ勢を振り切って独走、優勝を果たした。これは何と14年ぶりだという。

 テレビで実況を見ていたが、沿道の声援を送る観衆は韓国民の嫌いな旭日印の小旗を振っていた。 朝日新聞の社旗、つまり朝日新聞グループの主催だ。

 スポーツ、囲碁・将棋、芸能イベントなどは新聞社の主催・後援になることが多い。読者確保の有力手段である。

  ところが驚いた。今日の毎日新聞・千葉県面は、天気予報を除いて同紙主催・後援の記事だけ、その他の記事は1行もないという徹底ぶりだ。

 写真は右上から、南房総、館山などの駅伝。隣が東総駅伝で九十九里浜に近く、その下は印旛郡市駅伝で佐倉を中心にしている。左下は、都内で行われたリズムダンス関東大会で富津市の中学2チームが全国大会出場切符を手にしたというもの。

  おめでとう、と言うしかないのだけど……

2018_12030003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«IKIGAI