2020年4月 4日 (土)

コロナのイタチごっこ

 市川市では、コロナウイルス感染者が発見されたのが早く、小規模ながらクラスターと呼ばれるような事例が発生して、小中学校・公民館などを閉鎖したのが早かった。

 一歩遅れて、東京都内にも同様な事態が発生、市川市の措置を後追いする格好になった。市川の場合、この7日には解除されるはずだった。その後、東京都の方が深刻になり、今度はそれを追う形となって、ついに、すべてが来月連休明けの6日まで延期された。

 本塾がこの感染症に最初に触れたのが2月2日である。そして当市にもそれが及び、施設閉鎖で、塾頭の生活身近に影響を及ぼし始めたことを書いたのが2月27日、それが5月まで続くとは思わなかった。

 この間、遠出は都心を通ることになるので、結婚式出席のキャンセルを含めて、電車・バスに乗ることもなくなった。社会との断絶はいつまで続くことになるのやら。

 コロナのイタチごっこが世界を覆うようになると心配だ。うっとうしい日々が続く。

 イタチの名誉のために一言ことわておくが、イタチはコロナ発生源と無関係。子供の遊びで江戸時代末からある互いに相手の手の甲をつねる遊び。きりがないこと。

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

マスク2枚の効用

 1日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、安倍晋三首相が布製マスクを全国5000万余りの全世帯に2枚ずつ配布すると表明したことに対し、ネット上で「マスク2枚でごまかすな」などの批判が強まっている。保守派論客の批判もあり、首相と親しい作家・百田尚樹氏が「なんやねん、それ」とつぶやくなど、首相の支持層からも不評のようだ。【大場伸也】<毎日新聞04/02>

 今度ばかりは評価する意見が見当たらない。役人が考えて考え抜いた方策とは到底思えない。「浅知恵」という言葉がぴったり当てはまる。いったいどこからでてきたのだろうか。経産省出身の官房官僚という報道もあるようだが「上意下達」以外にはなさそうだ。

 なぜ2枚なのか。

 1枚は、森友学園問題の口封じ、もう一枚は加計学園問題の口封じ用なのかも知れない。2枚ではまだまだ足りない。桜を見る会問題、検察官定年延長問題、口封じをしたい案件はまだまだ続く。

 コロナと同じ。そのうち消えてなくなることを期待しているのだろう。

 

| | コメント (2)

2020年4月 2日 (木)

四角と丸の文化

 ある本を読んでいたら、日本の縄文文化と弥生文化の差を住居構造から考察した研究を目にした。基本的な構造は、方形の掘立空間の中央に設けられた円形の炉型など、何万年にもわたって続いてきた日本人の生活文化の探求を試みたものである。

 方形と丸、囲炉裏や火鉢、切り餅に重ね餅、いろんな形で最近まで生き続けている。観客のいない大相撲の国技館中継、土俵の丸と四角、マス席とがら空きの会場、すべて丸と四角の組み合わせだ。

 もっとも単純かつ美しく表現したのが、日の丸ではないか。生活の場と宇宙を一体化した感性からきているのかも知れない。そういえば土俵入りにも、大地を踏み固めるることや日の出を思わせる所作が多い。

 軍艦旗を毛嫌いする隣人もあるが、四角と丸を組み合わせた文化は、この先も大事にしていきたいものだ。

| | コメント (2)

2020年4月 1日 (水)

(続)感染者数の発表

 01日の東京都の新感染者数発表は66人となっている。これは31日に、過去最多の78人の感染者が確認され、それに次ぐものとして騒がれている。塾頭は素人考えでピークが今週末から来週にかけてくる、と思っているのでそれほど驚かない。 

 感染者数の発表で、気になる報道がされている。自衛隊中央病院によるものである。集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から患者百四人の感染者を受け入れているが、発熱やせきといった症状がない患者でも、コンピューター断層撮影(CT)検査で肺に異常が認められる事例を報告している。

 政府・自治体の対応は、もっぱらPCR検査(遺伝子増幅技術を用いDNAを検出する方法)で得られた感染数をベースにしており、検査機器の数量が限られている上結果を出すのに時間がかかっため、当局が数をコントロールしているのではないか、などと疑われてきた。

 これに対して、CTは、他の疾病でも日常使われるレントゲン技術と同じで、患部を即刻目視することができる。感染の有無を調べるPCR検査については「感度はそれほど高くないと考えられ、感覚的には70%程度の感度と思われた」と同病院が見解を示している。

 両検査は全く違う視点・観点から行われているので、どっちが正確かという比較はできないし、利用目的も違ってくる。

 自衛隊検査は、肺を直接見ることにより、重症化しやすい肺炎の発生を自覚症状がなくても早期発見できるとすれば、その点でPCR検査より優れているということができる。

 政策基準としてどの数字を優先的に採用するかなどに、官僚のセクショナリズムが働くとすればこんな愚かなことはない。

 数字は、それぞれの利用目的に応じて使い分け、最も有効利用できるように工夫して使っうことが肝要だ。

| | コメント (0)

感染者数の発表

 東京都で31日に新たに新型コロナウイルスの感染が確認されたのが78人で、1日の増加数では過去最高になるようだ。そして感染経路不明が40人を超える見通しであるとされている。

 こういった報道で気をつけなくてはならないことがある。感染経路不明は、個々にたどっていくのに時間がかかる。だから、まったく見当がつかないのではなく、憶測では発表できないなどの理由から不明の数もふえるのではないか。

 また、感染者に若い人の数が増えているようだが、報道の中には、小池知事が先週末の外出を控えるように要請したにもかかわらず、効果が表れていないなどとコメントするものもある。その日に外出した人が発症し、検査を受けた結果がもう出るはずがない。

 早くても今週末あるいは来週以降だろう。やはり、気長に観察して好転を待つしかないのだろうか。

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

明治維新と植民地化決議

 「尊王攘夷イコール明治維新」という狭い視野しか持たない風潮がはびこる中で、勝海舟の語りを『新訂・海舟座談』から取り出して批判を試みたのが、前回の記事である。その引用文に続く1か所をつけたしておく。ペルー来航から話は始まる。

 初めて軍官が来たのを見にいったよ。十八[三十一歳?]の時でネ。今の壮士サ。六,七人連れていったよ。その時は、大変な騒ぎサ。ポータハン、ミスシッピーの二艦と、そのほかは帆前船サ。あれは、米国へ行った時によく調べたが、第一世ナポレオンがヘレナ嶋に流されてから一七年目に、欧米各国の公使が寄って、相談をしたのサ。段々食えなくなるので、東洋の方に貿易を開こうということに決議になって、英仏が先ずやって来た。この頃は、シナ、インドが目あてサ。すると林則徐という攘夷家がおって、亜片の騒ぎから戦争が起って、かれこれしているうちに、アメリカは、後尾であったが、あちらからずッと日本へ来たので、先が後になり、後尾が先になったのサ。

 欧米による東洋侵略決議という話は、初めて知った。第一次大戦をチャンス到来と見て、その一回り遅れで実行に移したのが日本である。

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

理想と政治のはざま

 『巌本善治編、勝部真長校注、新訂・海舟座談』という本が岩波書店から出ている。これは歴史書ではなく、勝海舟の発言を直接・間接に聞き及んだとされることを、彼のべらんめえ調江戸弁を交えて後世に残しておきたいという意図からまとめられたものである。

 歴史学の史料として重視はされないが、塾頭は明治時代あるいは明治維新に見られる「ある断層」を埋める文献として重視している。

 その断層とは、明治維新が革命であることに違いはないが、日本人の生活、倫理、芸術、宗教その他、基本的な価値観に、大きな変化がなかったこと、言い換えれば、封建制から議会制国家への「政体」の変化と文明開化が斬新的に進んだことぐらいで、現在右派陣営が明治時代を国粋的観点から「国体」を定着させた輝かしい時代、つまり教育勅語・軍人勅諭一色に染め上げた時代ではなく、後の軍国日本とは違う、世界の中での日本という、より客観的な考え方があったことを証明する材料と考えるからである。

 海舟は、討幕軍を率いた西郷隆盛と江戸開城で戦闘回避を交渉したことで知られているが、軍艦・咸臨丸を率いて渡米、開国への道筋をつけるなど、新政府でも海軍卿の要職につき、晩年は最後の将軍徳川慶喜と皇室の和解を実現させるなど、維新にしこりを残さないようにした、影の功績がある。

 前置きが長くなったが、明治時代を見る目に断層があることを示したく、かつて本塾で引用したことがあるという記憶からブログ内の検索を掛けたら、2006101日の「日韓近代史考」を最初に6件も出てきた。重複するものもあるが、文末にそのウエブを載せておいた。

 今回の引用は次のとおりである。

(明治31年6月30日)

 朝鮮を独立させると言って、天子から立派なお言葉が出たじゃないか、それで、今じゃァ、どうしたんだェ。

慶喜公が、「お前は何年でやるかェ」と言われたから、『さようです。先ず、あれのした事は道理があると言われるのは、十五年、もっともだと言われるのは二十五年、四十年立なければなりませぬ』と言ったら、「途方もないことを言う」と言ったよ。四十年立って御覧ナ。息子の代になれば、何でどうしたのか、忘れてしまって、その綱(すじ)ばかり残るよ。

維新の大業だって、まず五十年サ。どうしても、そう早く出来るものか。憲法などというのは、上の奴の圧政を抑える下から言い出したものサ。それを役人らが自分の都合に真似をしただけの事サ。

 ちなみに、海舟は日韓併合を見ず物故している。

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_9a31.html

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/11-f28f.html

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-aa58.html

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-33270e.html

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-0afb.html

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-aa3c.html

 

| | コメント (2)

2020年3月29日 (日)

(再)北朝鮮ミサイル

 韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が今朝6時10分ごろ、東部の江原道・元山付近から北東の日本海に向けて、短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体2発を発射したと発表した。飛行距離は約230キロ、高度は約30キロと探知している。

 日本でもキャッチ、日本の経済水域外に落下したことをつかんでいるが、全く同様な事態が8日前にあったばかりだ。

 本塾は22日付で「北朝鮮ミサイルは民族衣装」という記事を書いたが、今回も、世界のコロナ騒ぎから北に目を向けさせたいためだとか、国内の動揺を抑えるためだとか、的を射たと思える識者の観測はない。

 韓国の総選挙は415日、あと半月に迫った。南北関係など保革が割れる定番の争点は吹っ飛び、コロナ対策でストレスがたまった韓国民の批判が、文在寅(ムン・ジェイン)政権と与党「共に民主党」(以下、民主党)に向かっている。与党に逆風の構図だ。

 やはり、「朝鮮民族に似合う衣装は、これしかないではないか」と北朝鮮ミサイルが言っているように見えるのである。

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

土曜日の雨とコロナ

 本塾は、前々回の投稿で小池都知事のコロナ対応緊急会見をくさす記事を書いたが、その中に週末土曜日の外出自制があった。

 その当日になった。このところの陽気続きに反し、今日は雨である。これから気温は下がって明日は雪という予報もある。

 コロナ騒ぎを楽観的に見たいということは、以前書いたことがあるが、この雨で不要不急な外出が抑えられることは確実だろう。

 それが来週になって新感染者増減に反映され、さらに海外の渡航制限の効果も加わって、日本がコロナ制圧の先陣をきれるかも知れない。

 中国の数字はあてにならないが、仮に日中の協力でコロナ終焉の道筋が得られれば、本塾が古くから掲げている東アジア共同体体制をつくる基盤になり得る。そうなれば、不安視されている世界経済の破滅的ショックが緩和される筋道ができる。

 日本の株式市場は、なぜかこのところ続伸しているが、それを先取りしているのか。それならばいいが、何事もあせって早まると失敗する。延期したオリンピック対策やクラスター防止など、御用済みにするにはまだ早い。

 

| | コメント (2)

2020年3月27日 (金)

聖火を授かったのは首相でない

 福島県在住の玉井人ひろたさんのブログにこんな記事があった。

それにしても、安倍総理の「聖火は福島においてあげなさい」の言葉、カチンときましたね。

なんとも福島県民を‘見下した’言い方なのでしょうかね。

 一般にあまり報道されていない発言だが、福島県人でなくてもカチンとくる。首相は全くそれに気が付いていないだろう。むしろ褒められていいと思っているに違いない。

 震災の被害が今なお残る同地が、オリンピック聖火の国内スタート地点となって復興再生を世界にアピールしたいという地元の意気込みはよくわかる。

 大会一年延期でそれをどうするか、は首相の決めることではなくその権限もない。もちろん、聖火は首相の持ち物でもない。

 それを恩着せがましくあたかも自分の配慮のように言う。

 県民や国民がそれをどう感じようが受け止めようが、すべてマイペースでことが進むと思っている。

 周辺にそれを注意する側近もいない。幼児性ここに至れりである。

 

| | コメント (2)

2020年3月26日 (木)

コロナの東京都対策

 昨夕、都知事がコロナウイルス感染者が都内で二日連続で10人台だったのが昨日1日で40人台に増えたとして記者会見を開いた。

 メディアの前宣伝もあり、よほど劇的・効果的な対策でも発表するのかと思った。

その内容

・今の状況を一言でいうと『感染爆発の重大局面』である

・感染拡大を防ぐには、都民の協力が重要

・都民に対し、今週末は不要不急の外出を自粛するよう強く要請

感染拡大を防ぐための具体的な行動として、

・屋内屋外問わずイベント参加は控える

・平日はできるだけ自宅で仕事を行う

・週末は急ぎではない外出を控える

・夜間外出は控える。

 具体的とはうらはらに、すぺての項目に、「できるだけ」とか「控える」という文言の入る協力要請で、全国向けのニュースで聞き飽きるほどくり返されたことがらばかりだ。

 その程度のことは、全国民の心がけとなっている。テレビは閑散とした繁華街の模様を写す。その一方、渋谷のスクランブル交差点など、マスクをしていない若者があふれているような光景もある。

 都知事発言は、そういった警戒心のない若者に向けたものなのだろうか。彼ら彼女らは学校が休みになっていることを知らないわけがない。それなのに傍若無人の振る舞いをしているように見えたのだろうか。都知事は、彼ら彼女らの意見を聞いてみたことはあるのだろうか。

 状況を無視した振る舞い行動が繰り返されていることに危機感を抱くのであれば、都知事の権限ででできる警官や職員などの利用、必要があれば都条例新設を検討するなど、頭をひねって具体的な方法を都民に提示し、都民に深刻さを認識させる手はあるはずだ。アメリカやヨーロッパではすで具体案が進行している。

 知事を茶化すつもりはないが、テレビ出演の機会を増やしたかっただけではないか 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

イエスキリスト自戒のすすめ

 「あなたがたが知っている通り、諸国民の支配者と見なされている人々は、諸国民の上に権力を握っている。あなたがたの場合は、そうであってはならない。大いなる者になろうと思う者は仕える者となり、第一人者になろうと思う者は万人の奴隷となりなさい」(マルコ1042-44,マタイ2025-27)。

――荒井献『イエスとその時代』岩波新書、6 国家権力、より

| | コメント (2)

2020年3月24日 (火)

陽光桜(ヨウコウザクラ)

Dscf3602_20200324163401

 近所のジュンサイ池に数本咲く。ピンクがソメイヨシノより濃く、花の時期も長い。バックが緑だったり水だったりするとよく映えるので美しい。

 第2次世界大戦中に学校教員であった高岡正明氏が、戦死した生徒たちの冥福を祈って各地に桜を贈ることを思い立って、環境適応能力が強いサクラを作出すべく、寒さに強いアマギヨシノ と台湾原産の暑さに強いカンヒザクラを交雑させて誕生させた。

いわば「反戦桜」である。

| | コメント (0)

死に体国会

 毎日新聞は、23日の参院予算委集中審議を報ずる記事の中で「森友問題火消し躍起」と中見出しをつけ、立憲民主党福山幹事長が「安倍総理と麻生大臣は新型コロナが収束したら、真相を明らかにし、即刻責任を取って辞任していただきたい」と発言したと書いている。

 びっくりした。これだけ見ると1年先か2年先でもいいように聞こえる。すくなくとも任期いっぱい務めてください、ともとれる発言だ。

 同じ委員会で質問者の指摘を受け、首相は「国会答弁で悪夢のような民主党と答えたことはない」という発言もしている。これは、議事録に残っている事実であり、当時の報道にもある。

 「忘れていた」という弁明はできない。うそをついても言い逃れはできる、という国民を愚弄した態度なのだ。即刻首が取れる失態なのだが、野党は首相のウソに慣れっこになったのか全く緊張が見られない。

 上の福山氏の言い回しは、コロナ問題を中心に据えた集中審議だったから――という弁明があるかもしれない。

 それならば、こう答えればいい。

 森友関連や法務大臣など次々に重なるウソ答弁、即刻内閣総辞職すべきだが、応じなければ不信任決議を検討する。総辞職して我が党が内閣を受けても、コロナ対策には万全を期す用意がある――と。

 

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

大相撲の正常な姿

 大相撲が終わった。戦績は、久々の横綱同士の同点決勝で白鵬が44回目の優勝を果たした。朝之山が11勝をあげ、大関昇進が確実となり、一人大関は解消する。

 横綱という地位は勝つのが当然。負が込むようなら引退と背中合わせになる。そして美しくなくてはならない。

 大関は横綱と並ぶ最高位で貫禄があり、東西に二人いることでバランスが取れる。

 関脇は大関・横綱をねらえる地位だが、陥落大関の受け皿と化し、小結も上を狙う跳躍台にはなっていなかった。

 このような異常な番付は昭和・平成を通じてあまりなかったように思う。それが来場所から正常になるのなら結構なことだ。

 ただし、今場所の無観客での取り組み、表彰式は異常であった。

 この異常は5月の夏場所に続く可能性がある。それどころか7月の名古屋場所でさえ、オリンピックとの関連でどうなるのかわからない。大相撲だけ完全解禁といくかどうか。

 コロナがもたらす影響は果てしなく大きい。

| | コメント (2)

«北朝鮮ミサイルは民族衣装