2017年7月28日 (金)

辞任ラッシュと混乱

日々話題にならない日はない渦中の2人の女性政治家、それが揃って同じ日に突如辞任を発表した。防衛大臣稲田朋美と民進党代表蓮舫だ。本人たちも一昨日までその気が毛頭なかったことになっていた。

たびたび書く「政治不信」だが、これには「あきれかえる」がつく。中でも、稲田大臣はどのような理由をあげても虚言、偽証、背任の事実から逃れることはできない、つまり、いいわけは何一つ通らない、というひどさだ。

稲田辞任は、安倍首相を救うどころか、失速・錐もみ状態が避けられなくなった。蓮舫代表は、野田幹事長辞任のダメージを修復すべく後任人事など役員刷新で乗り切るつもりだったが、次々と辞退され、本人の辞任に追い込まれたと言われる。安倍内閣改造人事もこれに劣らず難航し窮地に追い込まれると見る。

民進党は、前原・枝野氏などの立候補が噂されるが、どうみても焼き直しと見られるだろう。トップの新鮮なイメージと、自民党との対決政策は必須条件だ。

当塾は、「解党的出直し」をいっている。国民の切なる願いの前に、政党助成金がどうの、野党共闘がどうのなど、低次元の発想はやめてほしい。どういう手順をふむか、音頭をとるのは誰かの難問があるが、臨時国会までにはその姿を見たいものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

すさまじきもの

「春は曙……」は、平安時代の女流文学の代表作品・清少納言による「枕草子」初段の書き出しである。「すさまじきもの」は第25段に出てくる。

「すまじきものは宮仕え」というのはよく聞く。「さ」の一字が加わっただけで似ているため、枕草子にありそうだが、これは無関係。気の強い彼女は、むしろ宮廷生活を謳歌していたようなところが、他の段からうかがわれる。

「すさまじきもの」は、こんな調子だ。

まさまじきもの 昼ほゆる犬。……牛死にたる牛飼。……火おこさぬ炭櫃――。

すさまじきもの、の意味は、興ざめするものとか、面白くないものと解釈されているが、漢字で書くと「凄まじい」ではなく、気が荒(スサ)む「荒まじい」で心にそぐわない、腑に落ちない、場違いなという、より強い含みがありそうだ。

彼女が今生きていたらこんなことになる。

すさまじきもの
・閲兵のハイヒール
・「それはですね……」と「まさに……」で説く首相口癖
・月桂冠よりお金が尊い炎天下オリンピック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

[怖]政治空白

2日間の国会集中審議が終わった。これで与党は態勢立て直しを図ろうとしているが、失敗すれは内閣支持率が10%代となって政権交代へ、と予測した。

さて結果はどうか。信頼回復どころか不信感が増大する一方だった。だから攻める野党側がポイントを挙げたかというと、予想通り新たな決定打はなかった。

討論の矛先のほとんどが加計学園問題に向けられ、首相の隣に座っていた稲田防衛相には、陸自の日報隠匿で実りのない質疑が繰り返されただけで、同大臣は時々笑顔さえ見せた。

地頭は、今回の攻めどころの第一は、稲田大臣の法律違反行為であり、それを罷免できない首相への追及だと思っていたが、残念ながら質問者からそこをつく厳しさは感じられなかった。

都議選の自民党候補の応援演説で「防衛省、自衛隊の立場からもよろしくお願いします」と明言したことだ。立場を利用した選挙運動は、公選法、自衛隊法だけでなく憲法違反になりかねない暴挙である。

先月26日付で「これは大変だ、都議選も安倍自民党もこれでアウト」と書いた。繁華街の交差点を赤信号無視で突っ走った警察署長と同じだ。防衛省は安全と人命がかかっているだけに、法律無視は大事故にさえつながる。

大勢の人がこれを見ている。「撤回します、取り消します」が利かない世界だ。事故が起きなかったからいい、で済ますわけにはいかない。法律違反の告発者がでてこないのは、起訴猶予になってしまうからだろうか。

せめて、国会でこの件を加計以上に突っ込むべきだったが、同じ日のニュースになったのは、野党とは名ばかりになってしまった第2党の民進党・野田幹事長が、都議選敗退の責任をとって辞任するという体たらくだ。蓮舫代表も安倍首相と違った意味で任命責任を問われる。

さあ、これでどうなるのだろう。国民が頼るべき政党が見当たらない。歴史上まれに見る政治空白だ。こういう時に起きやすいのが、クーデター・革命・戦争・ゼネスト……。今の政治家には、そんな危機感が全くない、ということは極めて低レベルな日常に安眠しているということだろう。

窮余の策として、望まない小池都知事ではあるが、頼らざるを得なくなるということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

内閣支持率↓↓毎月10%

今日、明日と安倍首相出席の元集中審議。その朝、毎日新聞は24日朝刊で(驚)内閣支持率結果を発表した。

4月が46%、5月36%、6月26%……。このまま続けば来月は16%、歴代内閣でかつて20%を切る低い支持率で続いた例はない。今回の国会審議が失敗すれば間違いなくそこまで凋落する可能性大。

ところが同じ調査で政党支持率は、自民27↓25、民進8↓5で民進が最大の落ち込みを示す。ほかは共産が1ポイント増やしただけで、支持政党なしが47↑52と躍進。

それならば「今のうちに解散総選挙を」という噂が現実味を帯びてくる。国会中継は昨日終わった相撲同様NHKのおはこだが、今回は民放も時間を割く。他より視聴率が稼げると見たのだろう。それならNHKは録画にしておいて民放を見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

米軍艦衝突事故で米海軍は

【ワシントン時事】静岡県・伊豆半島沖で起きた米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」とコンテナ船の衝突事故で、米CNNテレビは21日、海軍当局者の話として、フィッツジェラルドが衝突回避を怠り、事故につながった可能性があると報じた。
 当局者は、フィッツジェラルド乗組員がコンテナ船の接近に気付かず、「衝突直前まで何もしなかった」と指摘。別の当局者も「複数のミスが重なった。(事故は)フィッツジェラルド側の責任という結果になるだろう」と述べた。
 一方、海軍は声明で「いまだ調査の初期段階であり、確定的な情報はない。事故原因を推測するのは時期尚早だ」と強調した。(時事コム2017/07/22-08:19

この記事で、わが安倍晋三内閣を連想、比較してみたくなる。ニュース源はトランプ大統領の天敵ナンバーワンの「CNN」である。リーク元は、わが陸上自衛隊ならぬ米海軍内部のようだ。

公式なものは、軍当局が調査中で、発表は時期尚早としているが、「記録がない、破棄された」などという結論では、米国民はとうてい納得しないだろう。意図的なリークという線もあるが、それならばCNNを使わない。

海軍としては隠しておきたい事柄山積だろうが、日本の当局の対応が恥ずかしくなるような結果になるかもしれない。アメリカが手本を示してくれることを、是非期待したい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

真相と逆相

  政府関係者
 
 1年もたっていないのに本人の行動に「記憶がない」人たちが、他人の「思い違い」ならよく覚えている。(塾頭)

 

本田宗一郎
 
 社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。(『座右の銘1300』宝島社・以下同じ)

 

岡本太郎
 
 食えなけりゃ食えなくても、と覚悟すればいいんだ。それが第一歩だ。その方が面白い。

 

マキャヴェッリ

変革というのは、一つ起こると、必ず次の変革を呼ぶようにできているものである。

 

星新一
 人間とは、どいつもこいつも、いよいよとなると、けちな願いしかしないものだ。

 

トマス・モア
戦争は畜類がするにふさわしい仕事だ。しかしどんな畜類も、人間ほど戦争をするものはない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

菅直人の役割

新聞の投書欄には、早くも「解散総選挙を」という声が出始めたが、取って代われる政党が一つもない。民進党には、古参幹部にも「本来は自民党の候補になりたかったが席がないので……」という手合いがすくなくない。

そうではない「反自民」を志した古参幹部は、落選中議員を含め解党的出直し、つまり「新党結成」を計るべきだ。それには、自民党と対立する改憲案、米依存外交脱却、原発全廃、辺野古基地移転凍結、自民党御用組合化した連合見切り、共謀罪など強行採決した法律の廃止など、新鮮な対抗策がなくてはならない。共産党との共闘ではのりきれない。

以上は、2日前の本塾の記事「解散総選挙はまだ早い」の一節だ。これを書いたのは1日前の17日だった。ところが翌18日、民進党の菅直人元首相の公式ブログを見たらこうある。

次期国政選挙では「原発ゼロ」を明確に公約に掲げる政党が議員を国会に送れるようにしなくてはならない。そのためには民進党が少なくとも「2030年までに原発ゼロを実現する」と明確に公約に掲げることができるかどうかだ。それができないとすれば5人以上の国会議員が参加する脱原発党=緑の党を全国規模で再結成し、当選者を出せるようにすることだ。

これをすぐ取り上げようと思ったが、いまひとつ他人事のようなのでそこまで行かなかった。

するとさらに19日付で菅ブログに「民進党の正念場」と題して、「昨日の私のブログにいち早く産経ネットニュースが反応。紹介記事はおおむね正確だった」と書かれている。

塾頭はそれ以外の他紙で見かけたが、「やはり本気で考えているかな」ともとれる反応だ。しかし、まだ手探り状態で自身が旗振りする覚悟までは見えない。

彼自身が総理大臣から身を引いた理由は、消費税アップの必要性に触れたことなどで支持率が低落していたこともあるが、菅おろしといって、党旗揚げの同志だった小沢一郎や鳩山由紀夫などから足を引っ張られたことが大きい。

そのほかには、大きな失政といったような原因が見あたらないのだ。つまり、お友達どころか周りを見れば敵ばかりの首相だった。そんなトラウマは捨てなさい。今ならお友達はたくさんできる。

場合によれば自民党にもお友達ができるかも知れない。また、先頭に立つのは本人でなくてもいい。「5人以上」などとはいわず、お友達と相談して第2の日本新党を再現する起爆剤になってほしいのだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年7月19日 (水)

しらじらしいウソ

  南スーダンのPKOに派遣されていた陸上自衛隊の部隊が作成した日報は、廃棄されたことになっていたが、その中に現地で「戦闘」があったように書いてあった文書があとで発見され、問題になった。

 

 その事実は知られていたものの、今日の読売をのぞく主要紙がトップクラスで扱ったのは、稲田防衛大臣のウソの上塗りをする暴露記事と、それに対する大臣のコメントが出た。省内の監察本部会議(組織的な隠蔽があったかを調べている防衛相直轄の会議)に参加しており、中味を隠すことに合意したという。朝日新聞からその一部を引用する。

 政府関係者によると、この会議は2月中旬に開かれ、稲田氏のほか、黒江哲郎事務次官や陸自幹部らが出席。情報公開請求に「廃棄した」としていた昨年7月の日報が陸自内に電子データとして保管されていたことが判明したため、その事実を公表するかが協議された。

会議では、陸自に残っていた電子データについて「隊員個人が収集したデータであり、陸自の公文書ではない」との認識を共有。最終的に、陸自に保管されていた事実は公表しないことが決まったという。

稲田氏は3月の衆院安全保障委員会で、陸自内でデータが見つかったという報告を受けていたかどうかを民進党議員から問われ、「報告はされなかった」と答弁している。稲田氏は18日夜、自身が非公表を了承したかどうかについては「ご指摘のような事実はない」とコメントした。

つまり、ここまではっきりしていることに、「白々しい」を通り越した「ウソ」を、恥も外聞もなくまき散らしているというニュースである。

 

今日書こうと思ったことは、そのことでない。昨日の毎日新聞夕刊に、論説委員の福本容子女史が述べていたコラム「ウラから目線」である。

 

安倍内閣の支持率について、女性の支持率が異様に低くなっている理由を探ったものだ。どの調査も似た結果を示しているが、極めつきは、最新の読売新聞での支持率男性の45%に対し女性は28%。その差はなんと17%もある。

 

安倍さんは女性の嫌いなタイプ?。それは、2006年の最初に首相になった時の毎日調査が女性の支持69%で男性を6ポイント上回っていたからハズレ。2年前の、安保法制でもめた時は、女性は戦争反対の立場からかとしてみた。

 

そして、今のは何だろう。加計学園などの正直な説明という「ウソと本当」に女性は敏感という仮説を立ててみたが、正直なところわからない、と女史はさじを投げている。

 

塾頭の周辺でも安倍内閣を支持する女性は皆無である。しかし、稲田大臣には安倍さんとは違う嫌悪感を持っているような口振りで語る人が多い。程度は違っても安倍昭恵夫人についても同様だ。女性のウソは「可愛い」とでも思っているのだろうか。

 

全く可愛くない。同性同士なら皮膚感覚でそのウソを見破り、「許せない」となるのだろう。もう代わりの女性を、お友達から持ってくるのはやめにした方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

辞書になかった「熱中症」

「大雨、雷、突風、土砂災害にご注意ください」と「熱中症ご注意」は、気象予報士の口癖のようになった。熱中症の死者とか救急搬送が新聞に出ない日はない。

「凍死」はあっても「熱中症」、昔はなかった言葉だ。念のため手元の辞書を見てみた。『模範国語辞典』金園社・昭和43年4月発行=ない。『新漢和中辞典』三省堂・昭和53年1月発行=ない。

『現代用語の基礎知識』自由国民社・1992年版=ようやくでてきた。すると、25年ほど前から使われ始めた言葉か?。「日射病」は昔からあるが「熱中症」が日射のないところでも起きるので別らしい。

その道に詳しい人にぜひ教えてもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

解散総選挙はまだ早い

今月に入って各社が実施する内閣支持率が軒並み20~30%台に低下し、さすがに政府自民党も焦っているようだ。支持できない理由が、最後の通信2社では「信用(信頼)できない」が67.9%、73.1%にも上っており、内閣改造や首相の委員会出席程度では回復できないことを物語っている。

首相周辺は、これを「護憲派の攻勢」という「敵を作る」ことで回避しようと懸命だが各社調査では「安倍首相のもとでの改憲反対」が過半数をはるかに上回っているので、逆効果になることすら気がついていない。

新聞の投書欄には、早くも「解散総選挙を」という声が出始めたが、取って代われる政党が一つもない。民進党には、古参幹部にも「本来は自民党の候補になりたかったが席がないので……」という手合いがすくなくない。

そうではない「反自民」を志した古参幹部は、落選中議員を含め解党的出直し、つまり「新党結成」を計るべきだ。それには、自民党と対立する改憲案、米依存外交脱却、原発全廃、辺野古基地移転凍結、自民党御用組合化した連合見切り、共謀罪など強行採決した法律の廃止など、新鮮な対抗策がなくてはならない。共産党との共闘ではのりきれない。

波に乗れる新党ができるまで、解散総選挙はない方がいい。

7月中の内閣支持率調査

社名    実施日  支持率  増減
朝日    89日  33%   ▼5%
読売      79日      36%   ▼13
NHK   79日  35%   ▼13
日本テレビ 79日  31.9%   ▼7.9
時事     710日   29.9%   ▼15.2
共同      1516日   35.8%   ▼9.1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«劉暁波氏の追悼ができない中国